2005年10月15日

変わらないと感じるのはよく会ってるからさ。

大人になると、たとえ兄弟同士でもどこかよそよそしくなるよね。父と叔父の会話だって今まで一緒に暮らしてた人とは思えない、どこか丁寧っぽいようなやわらかすぎるような感じなんだもん。昔はそれが不思議で仕方なかったんだ。

僕には社会人の弟がいるけど、結婚相手もほぼ決まっているようなもので家にいるのが朝と夕方の5分くらいなんだ。だから下手すると何週間も会ってないときとかあるわけ。会えば話も合うしたまには一緒に遊ぶからいいけどずっと会わなくなったら合う話もなくなってきていずれはよそよそしくなるのかなって思うんだよね。昔はあんなに不思議がってたこの現象も今ではよく納得できるってもんですわ。。

そういや今まで中学まで共学で過ごしてた男子が男子高校に通って大学でまた共学に戻ってくると、女子と何を話していいかわからない現象があるって聞いたことあるけど今では納得だわ。やっぱり人間、とりあえず一緒にいることが仲良くなる秘訣。あんまり離れてると徐々に関係が薄れちゃうもんだし。なかなか会えないけど仲良くしてたい人がいるならせめてメールなり電話なりで連絡を取り合った方が絶対いいはずだな。
posted by トム at 14:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。