2005年11月22日

人生は掛け算!

19の「あの青をこえて」を聴いてて思ったことをチラッと書いてみることに。

人にはそれぞれプラスの力がかかってて僕たちの周りに起こることをなるべくいい方向に変える様にサポートしてくれてるらしいんだけど、結局いいことが起こってる人もいれば悪いことが起こってる人もいるわけだよね。プラスの力の大小にかかわらずプラスなんだから悪いことは起こらないはず。が、しかし実際は悪いことも起こってる。これは何でだろう。


その答えは掛けられる値に自分があるからなんだって。式にすると、

(プラスの力)×(自分)=(自分に起こる出来事)

いくらプラスの力がかかってても自分が0だったら意味のないことしか起こらないし、ましてや自分がマイナスだったら悪いことが起こってしまうわけだね。(自分)っていうのは自分が「考えることや行動したこと」になるけど、これのいいところは悪いことが起こってしまってもすぐにプラスに考えたり、プラスの考えに基づいて行動を起こせばすぐに値が増えていくところなんだ。かなりマイナスだった人は(自分)の値をプラスにするのに少し時間がかかるかもしれないけど悪いこともだんだん軽度のものになっていくはず。(自分)がマイナスベクトルに転じたときにすぐ気づける人はすぐに元の状態に戻すことも可能だし、下手したらその反動で今までよりも(自分)がもっとプラスになるかもしれないんだ。プラスの力は大小どうであれプラスなわけだからきっとあとは自分次第なんだよね。
posted by トム at 01:40| 東京 ☀| Comment(23) | TrackBack(0) | 運のいい人・悪い人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。