2005年06月30日

バトンは受け取って渡しそびれる

最近しっとりとしたストレートヘアがどうしてもゆずの岩沢に似てるミネタンから例のアレが来ました!ミュージカルバトンいきます!



1.コンピュータに入っている音楽ファイル容量

  5800MBくらい



2.今聞いている曲

  「若葉咲く頃」/ ジャパハリネット



3.最後に買ったCD

  君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 / 銀杏BOYZ
  DOOR / 銀杏BOYZ



4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

  「日吉」/ カブ
 子供の頃大好きだったじいちゃんの家から帰ってくるときは必ず日比谷線に乗ってました。当時は東横線に直通する日比谷線は「日吉行き」だけだったので中目黒での乗換えが面倒で日吉行きに乗って帰ってました。子供の頃は日吉なんて遠くて行ったことすらなかったのに何でか「日吉」っていう文字に優しさを感じてしまっていつか絶対行くんだって決意したのを覚えてます。この「日吉」を聞くと、今は亡きじいちゃんとの思い出が蘇ります。


  「MASTURBATING SMILE」/ 黒夢
 中学の頃友達とカラオケに行って歌った歌です。えー、ぶっちゃけこの時の僕は本当に純情少年だったんです。「MASTURBATING」の意味を全くわかっちゃいませんでした。シャウトしながらこの歌のサビ=「MASTURBATING SMILE」の連呼をしたとき友達が大笑いして窒息しかけました。こっちは全く意味がわからず、「僕って歌っただけで人を殺せちゃうの?」と少しぞーっとした記憶があります。


  「小さな旅」/ 大野雄二
 ルパン三世でおなじみの大野さん。もちろんJAZZ基本の人なんですが、小さな旅のオープニングテーマに使われているこの曲はクラシックのような曲でしっとりと懐かしい思いにさせてくれます。この曲を聴きながら緑に囲まれて放浪旅をするのが夢です。


  「僕らしさ君らしさ」/ 藍坊主
 歌詞の一部に、「どんなつらいことも僕にちょうどいいんだよ」っていうのがあるんですけど、これを聞いてつらいことをつらいと思わなくなりました。自分にとってつらいことって、多分他でもない自分に必要だからあるんだと思うんです。逆に必要ないことはやってこないとも思うんです。だからつらいことにぶち当たったら、それは「自分を成長させるチャンス」だと考えてます。


  「今日の日はさようなら」/ 森山良子
 小学校の卒業式だったか、送る会だったか記憶は定かではありませんが、もうここでしばらくみんなに会うことはなくなるって時にこの歌で最後を締めました。クラス全員仲がよかったからさすがにみんな声が震えちゃって必死に耐えながら最後まで歌いきりました。今でもこの曲を聴くと切なくなります。もう会わなくなってしまったクラスメートが今でも元気でやってることを願います。



5.バトンを渡す5名

  ん〜、ネット上で渡せる人あんまりいないんですけど^^;この日記見てくれた人でまだやってなかったらやってみてください!(笑)
posted by トム at 12:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

ご注意!不平不満を言うともっと不平不満を言いたくなる状況がやってきますよ。

つい最近の話です。僕は、食事しながら一家団欒をするところに思えて実は若者の溜まり場になっている通称「ファミレス」ってところで働かせてもらってます。

人とのコミュニケーションが好きな僕はウェイターになりました。ひらひらとフロアを華麗に移動する僕を見て連日お客さんはスタンディングオベーション。嘘です、ごめんなさい。ひらひらどころかフラフラです。でも楽しんでやってます。

ところで、フロア・キッチン問わず、やっぱり文句のひとつも言いたくなるような状況っていっぱいあるんですよね。キッチンの人は毎回イライラして、休憩中もよく愚痴をこぼします。仕事中も他の時間帯についてアレコレ愚痴ってます。逆に僕らフロアは文句を言っても仕方ないことは気にせず自分たちがしっかりフォローしてあげればいいやって思いながら楽しくやってました。

ある日ほぼ同時にフロアに1人、キッチンに2人の新人が入ってきました。フロアの新人は明るくさわやかでみんなに「久々にあんないい子見た」って言われるくらいの子です。キッチンの新人Aはとても暗くて今にも過労で死んでしまうんじゃないかってくらい疲れましたっていうオーラが漂っている人です。しかも体力的に毎回2時間が限界だそうです。もう一人の新人Bは前の職場での愚痴をよくこぼす人です。そんな感じなので、キッチンの人は余計にイライラするような状況になってしまいました。おまけに新人相手なのでそのイライラもぶつけられません。余計にイライラが募っているようです。

不平不満は言われた方にとって嫌なのは当たり前ですが、自分にとってもよくないみたいですね。ということは言うだけ損としか考えられません。もちろん言わないといけないことは言わないといけませんが、言っても仕方ないことに対していつまでもイライラしても仕方ないと思います。

つまるところ、小さなことにイライラしないで楽しい気持ちで過ごせば、絶対楽しい気持ちでいられるような状況が引き寄せられてくるということです。この日記をみてくれたあなたも試してみてはいかがでしょうか。
posted by トム at 09:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運のいい人・悪い人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

あの日僕を殴った右手は、今は誰を抱いていますか?

高校の飲み会のために千葉まで行ってきました。この飲み会は一昨日決まったばかりで5年ぶりにみんなに会えると思って期待してたら、みんな「日曜日に飲み会」って聞いてたらしくまさか2日後の今日だとは思わなかったみたい。


で、飲み会に来たのはたったの3人。これってどうなのよ!?


ま、次会うときまでの楽しみが倍増したって思いましょ。帰りは当時通学に使っていた経路でどっぷり思い出に浸りました。この時のBGMはKABの「日吉」です。軽く泣きそうになりました。半分目薬のせいですけど。

高校時代のクラスメートとはずっと連絡を取ってなくてもう僕には何も縁がないと思ってた千葉。今日は高校卒業とともに落っことしてきた何かを拾ってこれたのかも。
posted by トム at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。